スキニーを履きたい!下半身太りを改善した運動メニュー

おしゃれを楽しみたい

私が下半身太りを改善したいと思ったきっかけは、スキニーが履きたい!という思いからでした。

当時は大学1年生で、体型は、

  • 身長155センチ 体重54キロ
  • 服のサイズが、上半身S 下半身L

と言うとてもバランスの悪いスタイルでした。

ウエストのサイズでズボンを選ぶと、太ももでひっかかることも多く、太もものサイズで選ぶとウエストがブカブカと言うスタイルでした。

そのためいつもチュニックを着ていたような気がします。他に持っている服も似たような体型を隠すための服装をしてきました。

ただ、大学生くらいになると、高校の時と違ってお金も多少あるし、周りがおしゃれで輝いて見えるようになり、その影響から私もおしゃれを楽しみたいと思い始めました。

下半身デブから卒業したい!私もおしゃれして輝きたい!

と思った時、世間はスキニーが流行していましたが、とてもスキニーなんて履けません。

私はスキニーを着ることを目標に、下半身ダイエットを決意しました。

効果的だった運動メニュー

私が行った下半身ダイエットは、ストレッチ⇒筋トレ⇒半身浴⇒ストレッチを順番で行うダイエットです。

当時、私の太ももの形は外に張り出しているように筋肉がついていて、内側ぽよぽよという状態でした。

高校まで結構本格的にソフトボールをやっていたので、筋肉の上に脂肪がついていました。

そもそも筋肉はあるので、筋トレは筋肉を大きくする筋トレではなく筋持久力をつける筋トレと脂肪を燃やしやすくする事を目標にしました。

1、ストレッチ
このストレッチは、ウォーミングアップと血行促進のためですね。

急に筋トレを行うと、筋肉を痛めてしまうのでストレッチを1番に行いつつも、むくみの解消も期待していました。

2、筋トレ
スクワット(大臀筋 大腿四頭筋を鍛える)を自負荷で、50×3セット実施しました。

さらに寝て脚をパタパタ開いたり閉じたりする(内転筋を鍛える)を自負荷で、50×3セットをおこないます。

3、半身浴
ストレッチと、筋トレで温めた筋肉を燃やす気持ちで発汗するくらい体温を挙げるのです。

これによって運動では汗を空くほどではなくても、しっかりと発汗して老廃物がて行く感じがしました。

20分から長くても40分は入っていました。

4、ストレッチ
これは完全にクールダウンです。

次の日に疲れを残さないように必ずやるようにしました。

この一連の流れで実施することで、トータルの運動時間も30分以上はかかるので、脂肪の燃焼にも効果的だったと思います。

運動を続けた結果

上記運動メニューを3ヶ月ほど、週4〜5回ほど行ったところかなり体が引き締まりました。

実際に当時はサイズを測ったいたのですが、ダイエットを始めた当時

太もも:56センチ
おしり:92センチ
ウエスト:60センチ

だったのが、運動を続けた結果下記のように変化しました。

太ももは、外はりも内側ぽよぽよもありましたが見事にまっすぐな太ももになりました。
もちろん隙間も出来ましたし、一番細い時で46センチだったので、10cmも減ったことになりました。

おしりは、おしりと太ももの境目が全くありませんでしたが、スクワットの効果か、おしりと太ももの差がばっちり出来ました。
また、おしりがぷりっと上を向きました。サイズ的には思ったほど変わらなかったのですが、88センチになりました。

ウエストとは、特に意識していませんでしが58センチになりました。
特に腹筋などはしていなかったので、これはストレッチなどによってむくみなどが改善された効果だと思います。

もちろん、ウエストと合わせたSサイズのスキニーを着ることが出来るようになりました。
また、筋トレの効果か体重も46キロになりました。

毎日続けることは簡単ではありませんが、2週間くらい頑張って、体重に変化が出始めると、逆に運動を辞めて体重が戻るのが怖くてやめられなくなったりします。

そして習慣化されるとやらないと体がだるかったり、気持ちがすっきりしなくてやらざるを得なくなるので、そこまで行ければもう成功したも同然でしょう。

まずは、体重や足の太さよりも習慣化を目指して実施してみて下さい。


最初のページに戻る:足を細くする方法 | 下半身の太さをどうにかしたい!